アイキャッチ

top-txt1

top-txt2

豊富な海外ネットワークを駆使し、少しでも御取引先様のお役にたてるよう、日々努力を重ねております。
古紙は細かな案件でも、ストックロット、特殊紙、難処理古紙、何でも取り扱っておりますのでお気軽にお声をお掛け下さい。


2017年06月22日現在の米国古紙相場情報
西海岸 (CY)
OCC:$245-248(-15)
S-OCC:$250-255(-15)
ONP#8:$157-160(+15)
ONP#9:$210-215(+15)
MIX : $145-148(+10)
SOP : $215-220(-15)
CBS : $190-195(-10)
SWL : $300-310
DLK-A : $290-295
DLK-B : $280-285
WIM DLK :$120
東海岸 (CY)
OCC: $198-195
SOP: $105-110
国内(PICKUP)
OCC : $165-168
※すべてS/T当たりの価格、輸出向けはCY持ち込みベース
 国内向けは古紙ヤード渡し価格
 ( 例:$100/ST=$110.231/MT )
中国向け海上運賃等(殆どの場合DTHC込み)
*CYまでのドレ-賃は古紙ヤードの場所により      ますが、概ね$10~20/MT
*中国向け海上運賃:米国LAから中国主要港ま    では$200~300/van all in 、東海岸からは      $600∼700/van all in
*CCIC検査費用:$1-2/MT、
*L/C チャージ :$1-2/MT($450/BL前後)、
*L/C ドル金利 :年利2~3%、
*輸出元の口銭 :US$3~5/MT 、
*中国側代理店口銭:$1-2/MT
日本向け海上運賃
*日本向け海上運賃、LAから  $500- $400/van前後     +DTHC(46,000円/van)
*LAに限り日中のCY持込にはピアパス費用 $140.98/vanが発生します、夜間持込みは無料です。
2017年06月24日

6/19-23の中国到着価格
US MIX     : Offerは$185-192
US ONP#8: Offerは$195
US OINP#9: Offerは$260
US OCC#11: Offerは292-295

UK A2 MIX: Offerは$185
UK ONP#8 : Offerは$190
UK OINP#9: Offerは$260
UK OCC(95/5) : Offerは$250

J-MIX  : $209-210で成約
J-ONP  : $259-260で成約
J-OCC  : $275-280で成約(既に$266で売ったのがいるらしい)

2017年06月23日

アメリカだけでしか確認できなかったOCCの価格下落が中国価格ではっきりしてきました、A-OCCは$285、J-OCCは$266が主流になってます。 この先はどう見ます?JMIXは?

2017年06月22日

A-OCC下がり気味です。が、アメリカ人は多少の調整程度だろう、だって全体の需要が強いもん、と言ってます。
富陽地区の中国国内OCC価格が1.5~2.5円/㎏の値下がりです。
安徽、江蘇、平湖辺りも下がり気味です。

2017年06月20日

アメリカ便り
左の、6/17日のアメリカからの報告に比して、OCCは現在$10/stほど失速したようです。でもこれからのUP/DOWNは、”両方ありうるなぁ、とにもかくにもNational Swordがどれだけ厳格に実施されるのかどうかによる、厳格でなければシーズンも有って緩やかに価格ダウン、厳格に実施されるならばやっぱり上がるねぇ”  だそうです。

2017年06月19日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $180で成約
US ONP#8: $193-194で成約
US OINP#9: Offerは$260
US OCC#11: $290‐295で成約

UK A2 MIX: Offerは$185
UK ONP#8 : Offerは$190
UK OINP#9: Offerは$250
UK OCC(95/5) : $265で成約

J-MIX  : $210‐215で成約
J-ONP  : $260‐262で成約
J-OCC  : $270‐280で成約

2017年06月15日

中国便り
中国ではまだ下がってきてません。ACNがアメリカでOCC価格を下げようとしてるとは聞きましたが、アメリカの国内需要も強いし、発生も多くないしできますかね?
日本では下げようとしてますか?本日(昨日)、ある中国メーカーは、アメリカ西海岸のブローカーのOffer$295と東海岸のブローカーのOffer$293を受け、交渉して$290で決めました、#11です、#12は別の業者から$292で買いました。

中国国内OCCは梅雨時期の発生減を見越してRMB 50-100/mt上がりました。中国国内OCCはAグレードからEグレードまで5段階あります。Aグレードは約RMB1,850~2,000 工場着(約$272-294/mt)+増値税5-8%

輸入費用はだいたい(通関/CCIC/コンテナドレー+増値税17%、17%はそのまま値段x17%じゃない感じで)総合計$45-50/mt程度ですので、まだ国内OCCが一番安いですね。

ライナー、中芯工場はRMB150-200/mtの製品値上げをしようとがんばっている。

2017年06月14日

追伸
たちまちの感触としては、ここからさらに上がるとは思えないけど、まだ下がりそうもないね、と言う事になりました。
We just confirmed multiple orders at 245 and 246/st - Oakland, with 4 different buyers.  We sold out until early July.   I don't think there is any more upside in OCC right now.
We need to see what happens with the new National Sword program.

アメリカ便り
”ここ最近、強弱両方のシグナルがある。
アラバマ州とジョージア州のいくつかの
大手製紙工場は、昨日$12.50/st値上げした。この事は、アメリカの南東地域では7月14日の独立記念日の週末にかけての在庫が不足気味と言う事を表している。

北西地域の工場も月半ばには値上げするとは思うけれども、現時点いくつかの工場に聞いたら、値上げしろと言うプレッシャーは無いよ、と言ってる。
また、同時に、中国側は少なくとも価格を上げるつもりはないと言うシグナルを放っている。実際値下げしてくれと言って来たところも有る、しかし今日午後、中国の某3大メーカーの1社と決めたR-OCC 2,000㌧の値段はFAS オークランドで$245/st、中国着$290-295レベルだろう。まあ、現時点、その方向性を確信するのはちょっと難しいかも。でも、 中国の在庫状況と引き続きA-MIXを買えるかどうかと言う事が価格を引き上げずに済むかどうかと言う事を決定づけるんじゃないかなぁ、つまり、NationalSwordが予想通り厳格に実施されて行けば、中国は必然的に代替となるOCCの量も増やさないとならないから、OCC、綺麗なMIX、ONPの値段は上がらざるを得ないと思うけどね。しかしそのNational Swordがどれだけ厳格なのか全くわからない、はっきりするのにはまだ一ヶ月掛かるだろう、そっちからも情報くれ。しかしいずれのケースも来年冬くらいまでは現状レベルで推移すると思うけどね”  との事。

その後のヨーロッパからの供給状況を聞いときます。

2017年06月13日

追伸、
"OCCが下がり始めたと聞いた、詳細チェック中。イギリスのOCCは確かに先週から若干下がってるがアメリカはまだだけどなぁ、日本はどうだ?” と言うので、日本は変わらず、国内の方が高いくらい、と言っておきました。

アメリカ便り
A-OCCはもう$5‐10/stの上昇余地を残していると考える。その後はアメリカと中国の工場の在庫状況による。もうすぐJuly 4thの独立記念日、今年は火曜日なので、その前の週の金曜辺りから5日間は休日状態なので、アメリカの工場はエクストラを買っておく必要が有る、この辺近づいたらまた連絡する。
(アメリカの中国向けMIXが激減してるのにJ-MIXの値段はパッとしないねぇ、これからOCCを追っかけて上がるかなぁ?と聞きましたら)J-MIXに関して数人と話してみたが、上がらないだろうとの見解。韓国はJMIXはこれ以上買わないだろうし、中国もこれ以上の値段はJMIXには払いたくないと考えているから。(納得しきれる説明では無いですがね)中国はA-MIXは(A-OCCもついでに)7月に少し下がるだろうと思っているが、それはNational Swordがどれだけきっちり厳しいのか、による。

2017年06月12日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $175‐178で成約
US ONP#8: $185で成約
US OINP#9: Offerは$260
US OCC#11: Offerは$290‐295

UK A2 MIX: Offerは$185
UK ONP#8 : Offerは$190
UK OINP#9: Offerは$250
UK OCC(95/5) : Offerは$268‐280

J-MIX  : $207‐210で成約
J-ONP  : $263で成約
J-OCC  : Offerは$270‐275

2017年06月06日

アメリカ便り
OCC is 243 st fas Oakland.
OBMの表示ではOaklandのFOB価格は、海上運賃の差も有って、$10前後はLAより安かったですからね、LAでのOCCの価格はCYで$250/st程度になってる可能性もあって、それって、ざっと$290‐295/mt CIF Chinaですよ。。。$300行きますね。でもまあ、特に西海岸で国内需要が強いのは7月一杯くらいまでですから、8月のどこかで調整も有るのかなぁ
アメリカのミックスですが、現在中国に行ってる物は少なくとも生ごみにまみれてない物でPre ConsumerやPost Industrial Material等がメインだそうです。それって、ごみとは別に集められてるオフィス系や、NCR、雑誌、CBS、台紙、新聞、段ボールなどで、日本みたいな雑古紙だって言う事ですね。そういえばPost Office Mix買えないかって言われたことが有りました。 郵便局から出てくる色んな物のmixです、そうゆうのも、でしょうね、価格的には#8並みだった記憶が有ります。 しかしそうゆう物はアメリカから出てたmixの10%強程度じゃないか、との事です。 Self Inspectionできる方々は引き続き買ってるんでしょうか?買ってるにしても中国でトラブったら罰則がきついからみんなビビッてなかなか買えないって言ってました。それならやっぱりJ-MIXの価格はパッとしませんねぇ。これからOCC追っかけてJ-MIXも上がるんでしょうか?そんななかアメリカのSOPはやや下がってますね、雑誌が上がってSOPが下がるんじゃ我々には最悪ですが。。。

2017年06月02日

今週の中国向け到着価格
US MIX     : $170で成約
US ONP#8: $176‐178で成約
US OINP#9: Offerは$250
US OCC#11: $280‐285で成約

UK A2 MIX: Offerは$180
UK ONP#8 : 未確認
UK OINP#9: Offerは$250
UK OCC(95/5) : $258で成約

J-MIX  : $205で成約
J-ONP  : $260で成約
J-OCC  : $255‐260で成約

アメリカ便り
A-OCCは、海上運賃がLAよりかなり高いので普段は敬遠されるオークランドからの値段も$235/st CYとなった、たぶん中国着値は$285/mt超えるんじゃないか?
これは昨日より$7/st上がった数字。6月半ばまでに少なくとも$10/stは上がるだろうと思う。綺麗なmixも同様に上がると思うので、全体的に売り急いではいない、上物はあまり強くない。との事。
綺麗なミックスとは具体的にどうゆうものか、どうゆう発生場所でどのようなルートで出てくるものか数量的にはどれくらいあるのか、MRF系はまだSelf Inspectionできる会社は買っているのか、などなど問い合わせてます。

2017年05月31日

America便り
J-MIXの価格が落ちて来るんじゃないか? A-OCCも調整が入ったって聞いたけど。。。と聞きましたら、
J-MIXは良く判らんが、アメリカのMIXは例のChinaのNational Swordの影響でごみ屋系以外の綺麗なMIXが値上がりしており、ONP#8と同値辺り。J-MIXはもともと値段も違うしA-MIXとは違う使い方されてるからなぁ、このNational Swordの影響は小さいんじゃないかな?
A-OCCは全く下がってないよ、今週も$1‐4/st上がるだろうし、上がり方は鈍くなってるけど6月にも$5‐10/st上がって、7月中には多少調整って感じだろう。との事です。

2017年05月29日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $162-165で成約
US ONP#8: Offerは$175-180
US OINP#9: Offerは$250
US OCC#11: $275で成約

UK A2 MIX: Offerは$170
UK ONP#8 : 未確認
UK OINP#9: Offerは$250
UK OCC(95/5) : $248‐250で成約

J-MIX  : $205で成約
J-ONP  : $252で成約
J-OCC  : Offerは$240

2017年05月21日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $162で成約
US ONP#8: $162で成約
US OINP#9: $238‐240で成約
US OCC#11: $268で成約

UK A2 MIX: Offerは$150
UK ONP#8 : 未確認
UK OINP#9: $245で成約
UK OCC(95/5) : $235‐237で成約

J-MIX  : $196‐198で成約
J-ONP  : $250で成約
J-OCC  : Offerは$230‐235

2017年05月19日

中国便り
OCCマーケットはアメリカ発で再度クレージーになってきてます。
ACNが開示した”予測”では、A-OCCは再度$330/mtを目指して上がって行くだろうとなってます。
現時点でではA-OCC価格は$275‐280と聞いてます。
しかし、すべての工場がその値段を出しているわけではありません。中国全土であちこちの工場が基本的には購入を控えてます。 またACNのゲームに乗せられて馬鹿を見るのは嫌だ、と言う思いでしょうか。

2017年05月18日

アメリカ便り
OCC is up@ another $8/st today. now $230-233/st CY LA($275/mt CIF 前後、中国主要港)
We expect it to hit $240/st cy by June 1st. ($280‐285/mt CIF 中国主要港)
Buyers are beginning to panic.

US Mix down $8/st

2017年05月16日

中国便り
*来年から製紙メーカーは、基本的に石炭利用禁止?天然ガス等に切り替えないと、輸入 ライセンスが下りないらしい。
*年産1万トン、5万トンクラスの製紙メーカーは廃業させられてきたがここ1‐2年で今度は20万トンクラスが閉鎖させられるらしい。

2017年05月16日

アメリカ便り
R-OCC(#11)の価格は現在高値で$225/st CY LA。 全米において需要は旺盛、当面9月までは下がる要素はないからJ-OCCが$20/mt 以上安いのであれば必ず追い着いてくるでしょう、と。

MRF系のMIXは今でも輸出しにくいが、6月からはもう一段厳しくなって現在自主検査ができる大手は買えているけれどもそれも難しくなるかもしれない、6月からの状況に関しては日米とも諸説あってまだよく判らない(あくまで噂と言う感じですかね?)。
しかし、いずれにしても売り先さえあれば安くとも売りたい、なぜなら特にカリフォルニアの廃棄料は上がってきている、田舎でも埋め立てには$100/st($110/mt)は軽く超える(東京は$140/mtですが)、CY持込み価格は、廃棄コストと選別コスト等を比較してお得じゃないと出せないが、今はうるさくないアメリカの行政もあまりにも紙が捨てられてると何か言い出すかもしれないし、ひょっとしたらCY持込み価格が安くて、選別もしないでそのまま手間かけずに廃棄したくなる価格であったとしても売る業者は居るかも知れない。
サンフランシスコ市に全て委託されているRecologyなどはそこそこ綺麗な物も作るし、そもそも捨て場所がないから市も全面バックアップしているのだから、中国以外のホームを探してやれば良い、メキシコ以外ではインドネシアやタイ、韓国、台湾、日本ですら可能性が有るのでは?との事。

ONPもかなり上がってきている、MIXが駄目だし、#6がMIX代わりに出荷されるだろうという人もいれば、いやいや#6も駄目だと言われて結局汚めの#8で落ち着くのでは? と。

2017年05月15日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : Offerは145‐150
US ONP#8: Offerは$160
US OINP#9: Offerは$250
US OCC#11: $255‐260で成約

UK A2 MIX: Offerは$170
UK ONP#8 : 未確認
UK OINP#9: Offerは$245‐258
UK OCC(95/5) : $220で成約

J-MIX  : $193‐198で成約
J-ONP  : $245で成約
J-OCC  : $235で成約

2017年05月15日

中国便り
当地の古紙需要はそこそこって感じです。
アメリカの古紙に関しては需要が多く供給が少なめなので価格は上昇中です。

#12(普通OCCと言われるのは#11のレギュラーOCC(R-OCC)ですが、それより$5‐10/mt 高いセレクトOCC(S-OCC)は既に$265-270/mt CIF 中国主要港になってるようです。 ONPは#160‐162ですが、6月からはアメリカのミックスはほとんどの物が輸出できなくなるだろうと言う噂が実現したらこのONPの値段も跳ね上がるのではないか? 日本のミックスの値段も上がるだろう、と。

富陽地区は白板の値段を100‐200元上げようと頑張ってますが、先週、白板をメインで扱う商社が400元下げたというのも伝わってきてます。
テストライナーに関しては、OCCの値上がりを理由に、50‐100元上げようとしている工場も有ります。 中芯価格も上げ基調で、状況によって、50、100、200元と上がってきております。

2017年05月08日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $140-148で成約
US ONP#8: $155で成約
US OINP#9: $245‐247で成約
US OCC#11: $245-247で成約

UK A2 MIX: 未確認
UK ONP#8 : 未確認
UK OINP#9: Offerは$245‐258
UK OCC(95/5) : $215‐218で成約

J-MIX  : $191‐193で成約
J-ONP  : $242で成約
J-OCC  : $220で成約

2017年05月02日

アメリカ便り
OCCは今週もう$5/st 上がる、と。
また、シングルストリームからの選別MIXは多分ほとんど中国には出せなくなるだろう、食品残渣や汚染物に接したMIXの輸出はますます難しくなる。 数量的にそれがどのくらいになるか、はっきりしないが、多分中国に行ってるA-MIXは半分以上減るのではないか、OCCに関してはアメリカ側で何とか出来たがMIXでの対応は無理だろう、との話。。。

2017年05月02日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $140で成約
US ONP#8: Offerは$155-160
US OINP#9: Offerは$220
US OCC#11: $245で成約

UK A2 MIX: 未確認
UK ONP#8 : 未確認
UK OINP#9: 未確認
UK OCC(95/5) : $220で成約

J-MIX  : $185-193で成約
J-OCC  : $215‐220で成約
J-ONP  : $240‐242で成約

2017年04月25日

中国メーカーがまた一段と変な古紙規格を言って来ました。
雑誌にOCCが入っちゃダメだの、金銀台紙、NCR駄目だの。。。もっと困るのが某社向けのオフィスミックス、
新聞雑誌段ボールなどの他の紙の混入率を0.5%以下、
コート紙やNCR、金銀台紙などの禁忌品も0.5%以下、
紙以外のプラや金属も0.5%以下、、、 OP1かW/Lの規格ですか?って話しです。
少なくとも暫くはオーダー取れそうも有りません。。。当面どっかの、文句言わないところ向けの雑誌に入れるしかなさそうです。

2017年04月24日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $133で成約
US ONP#8: Offerは$150-160
US OINP#9: Offerは$220
US OCC#11: Offerは$240-250

UK A2 MIX: 未確認
UK ONP#8 : 未確認
UK OINP#9: 未確認
UK OCC(95/5) : Offerは$215

J-MIX  : $180-183で成約
J-OCC  : $210で成約
J-ONP  : Offerは$225-235

2017年04月24日

中国国内のOCCで、A-OCCに匹敵するグレードは今週1,580‐1,820元/㌧で、約180元/㌧上がりました。価格には17%の増値税が含まれています。 一般の国内OCCも、180‐430元/㌧上がって、1,520‐1,760元/㌧です。
中国国内ミックスも230‐290元/㌧上がって、1,170‐1,640元/㌧です。

中国国内価格の上昇により、輸入古紙価格の下落も止まり安定してきました。
A-OCCは前週$10/㌧下がった後、$230〜240/㌧と横ばいでした。
同様に、先週、米国の新聞(ONP)価格は、前週の$25/㌧の下落に続き、$140-145/㌧で堅調に推移しました。
米国のMIXは、$ 30 /㌧下落した後、$ 5-10 / ㌧上昇し、今週は$ 130-135 /㌧でした。
欧州のOCCは$5/㌧高の$200〜210/㌧
欧州のONPは、$25/㌧の暴落後、$140-145/㌧の水準で推移しています。
欧州のMIXも$30/㌧下落して$130-135/㌧で安定しています。

日本のOCCは$10〜15/㌧上がり$205〜210/㌧
日本のONPは、$ 10 /㌧下落後$ 5-10 / ㌧上がり、$215-220 /㌧
日本のMIXは、$10/㌧下落後$20〜25/㌧上がり、$ 190 -195/㌧に急上昇。

2017年04月17日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $120で成約
US ONP#8: $150で成約
US OINP#9: Offerは$180
US OCC#11:$230で成約

UK A2 MIX: 未確認
UK ONP#8 : 未確認
UK OINP#9: 未確認
UK OCC(95/5) : Offerは$195-200

J-MIX  : $165-170で成約
J-OCC  : $208で成約
J-ONP  : $218で成約

2017年04月17日

下記の部分を追加訂正しました。Sword Projectに関するMixの件です。
CCIC検査はなかなかパスできないが、ACNやラリソン(リーマン)など、SelfInspectionができる業者は引き続き輸出している、が、CCIC USAには品質を厳しく管理するように言われてるらしい、もしシップバックなどになったらSelfInspectionの権利を失いかねないから。 なんだかんだでアメリカからのMixの輸出は通常より20-30%は減っていると思う。との事。
-----------------------------------
アメリカ西海岸で見聞きした色々。。。   未確認情報も有りますので悪しからず

ある大手サプライヤーの話、今回の値下げは中国大手が仕組んだんじゃないか?
ヨーロッパはドラギ欧州中央銀行総裁の金融政策のおかげで経済拡大している、アメリカもしかり、ここ数年リセッションの可能性はない。これから古紙の需要が増える、1年くらい前までヨーロッパの経済が低調で域内の古紙需要が低く、たくさん輸出されてたから古紙相場が低かったが、最近、東海岸から10年ぶりにイタリア、オランダ向けにOCCが輸出されたのを見てもわかるようにヨーロッパでの古紙需要は拡大している。今は船の問題がクローズアップされている、海上運賃が跳ね上がったとかハンジン破綻後のゴタゴタでコンテナやスペースが確保できないなど、しかしそれが解決されても大して出てこないだろう。つまり、中国が買えるのは日米とオーストラリア、東南アジアが主な買い先となる、値段は上がって当然だ。
カリフォルニアでは、昨年は干ばつでフルーツや野菜向けのOCC需要が低かったが、今年は豊作でOCC需要は強まる、おまけに昨年9-10月に制定された、紙製品の段ボール原紙には35%のセカンダリーファイバーを使わないといけないと言う法律のため、ますますOCC需要は高まる。
ヨーロッパはイタリアの銀行リスクが収まって、フランスでリーズナブルな大統領が選ばれれば経済は加速する。
アメリカの経済は2019年秋頃までは拡大しそうなので、特にOCC価格は5-6月から上昇する。$30-40/mt上がって7-8月には一旦下落するかもしれないが、その後も基本的にはそのレベルで強含みだろう。
12-1月?から、中国のグリーンフェンス第二弾(National Sword Project、中国名”藍剣”)がはじまり、米欧のミックスは簡単には輸出できなくなっている、全米の20-35%の古紙を握るWASTE MANAGENENT(アメリカ最大のゴミ屋)が、これまでは難なく中国に出ていた綺麗なMixをランドフィルに捨てるのを見た。昔、ゴミ屋のOCCも拒否されたがそれはゴミ屋側が何とか対処した、しかしMixは対処はなかなか難しいだろう、多分最低1年は輸出できないだろう。但し、ACNやラリソン(リーマン)など、SelfInspectionができる業者は引き続き輸出している、が、CCIC USAには厳しく選別するように言われてるらしい、もしシップバックなどになったらSelfInspectionの権利を失いかねないから、と。 なんだかんだでアメリカからのMixの輸出は通常より20-30%は減っていると思う。

トランプの移民政策で、困るのは農業とレストランだろう、大手古紙屋は州や市との契約がおかしくなるのを恐れて、派遣業(エージェンシー)を利用してるところが多いし、特に問題では無い。 しかし既に作業員の時給は$20スタートで$30超える人間もざらにいる。最低時給も$15程度に上げられるし、時給の上昇は古紙業界にも深刻な問題となって来るだろう。

2017年04月11日

先週の中国向け到着価格

US MIX     : $135で成約
US ONP#8: Offerは$165-170
US OINP#9: Offerは$200
US OCC#11: Offerは$235-250(本日LAで聞いた価格は、$185/st CYですから、CIF 中国メインポートで$220/mt L/C 90程度です)

UK A2 MIX: 未確認
UK ONP#8 : 未確認
UK OINP#9: 未確認
UK OCC(95/5) : Offerは$200

J-MIX  : $170で成約
J-OCC  : Offerは$200
J-ONP  : $208で成約

2017年04月05日

中国国内OCCの値段がそこそこ上がってきてるようです。

2017年04月03日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $155-158で成約
US ONP#8: $180で成約
US OINP#9: Offerは$200
US OCC#11: Offerは$255-260

UK A2 MIX: 未確認
UK ONP#8 : 未確認
UK OINP#9: 未確認
UK OCC(95/5) : 未確認

J-MIX  : Offerは180-200
J-OCC  : Offerは$200
J-ONP  : Offerは$210

まだまだ要るんでしょ? ほどほどって言う事を覚えて下さいね。

2017年03月28日

アメリカから。
アメリカ北西部、東海岸、南東部、中西部とも需要と価格はほぼ変わらず、4月もたいして変わらないであろう。
NYとカリフォルニアに限っては輸出メインなので輸出の影響を受ける。しかし、ピークはOCC $250-255/st CYで、$220まで落ちたが、先週は$230に回復した状態。 今後はどうだろう、明日また報告する。
だそうです。  続き> 現状もう一段下がって、3月29日現在$210/st CYとのことです。($210/st CY = $232/mt CY) 、中国着で$240-245/mt 程度ですかね。

2017年03月27日

中部商組
ここまで下がりますか! 国内向けの方が高そう4月は。
4月
段ボール  日商紙パ
20.50   ▲6.10
210.00 ▲59.00  110.00   中国

MIX    日商紙パ
21.20   ▲4.50
220.00 ▲31.00  110.00   中国

2017年03月27日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $165-175で成約
US ONP#8: Offerは$185-190
US OINP#9: Offerは$230
US OCC#11: $255で成約

UK A2 MIX: 未確認
UK ONP#8 : 未確認
UK OINP#9: 未確認
UK OCC(95/5) : 未確認

J-MIX  : $245-250で成約
J-OCC  : $210で成約(少量$210で決まりましたが全体的にはほぼ見送り状態です、お互い)
J-ONP  : $237で成約

まあ、為替と一緒で揺れてますが、基本的には下がりっぱなしではないと思います。

2017年03月22日

AOCCは$250-255辺りまで落ちてきてます。中国国内古紙も3-4円下がってるようです。
アメリカのMIXは$170辺り、JMIXは$240以下。

でも、同時に、大騒ぎして下げられるところまで下げてやろうという意図も見えます、数日から数週間以内にはまた上がる可能性が高いと思ってる人も多いようです。

2017年03月21日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $195-205で成約
US ONP#8: Offerは$210-215
US OINP#9: Offerは$250
US OCC#11: $265で成約
(3/21現在、$260は下回ってるようです)

UK A2 MIX:Offerは$200
UK ONP#8 : Offerは$240
UK OINP#9:Offerは$250
UK OCC(95/5) : Offerは$240

J-MIX  : $250で成約
J-OCC  : $240-245で成約
J-ONP  : $250で成約

OCCに関しては、多分、追加利益狙ってオーダー無しで海の上に有った物が叩かれた後は、2-3週間内には収まって当面高値圏での推移となるのではないでしょうか。

2017年03月15日

現在、船の確保、海上運賃は日本発の物もなかなか大変ですが、
ヨーロッパから中国、アジア向けがひどいですね、ほぼ取れない状態です。
そう考えるとやっぱり中国はアメリカ、日本の古紙を買うしかないですから、
今の下げは一時的で、基本的に相場は強いんですかねぇ。。。
でも、ヨーロッパ物を大量に使うメーカーも少なくとも取引先にはあんまりいないですしねぇ。
需要が一段落で、製品価格は差し戻しで中国大手で5-8円、中小物で11-12円下げられてるようですし、イケイケで買ってた古紙も余り気味で国内古紙も1300元程度。。。
ダイナミックと言うか無計画と言うか。。。
やっぱりだいぶん下がるんでしょうか?今ならJOCC$240で買うよ、来週もっと下がるよ! と言われましたがねぇ、、、買えるのかどうか。。。

為替も明日未明、3時でしたっけ、米国は政策金利を上げるでしょうけど、織り込み済み、材料出尽くし、アメリカの債務上限問題、オランダの選挙結果などで円高に行っちゃいそうな気がしますが、どうでしょうねぇ。。。

2017年03月13日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : Offerは$215
US ONP#8: Offerは$225
US OINP#9: Offerは$260
US OCC#11: $285で成約
(噂で$295決めたところが有るらしいが、
既に急落中で未確認)


UK A2 MIX:Offerは$210
UK ONP#8 : Offerは$250
UK OINP#9:Offerは$265
UK OCC(95/5) : Offerは$250

J-MIX  : $264-265で成約
J-OCC  : $265で成約
J-ONP  : $251で成約

2017年02月27日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $210‐212で成約
US ONP#8: $218-219で成約
US OINP#9: Offerは$245
US OCC#11: $270-275で成約

UK A2 MIX:Offerは$205
UK ONP#8 : Offerは$246-250
UK OINP#9:Offerは$255
UK OCC(95/5) : $240-255で成約

J-MIX  : $248-254で成約
J-OCC  : $255‐265で成約
J-ONP  : $250-251で成約
J-OINP#9:Offerは$260

2017年02月20日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $210‐214で成約
US ONP#8: $215-220で成約
US OINP#9: Offerは$245
US OCC#11: $270-273で成約

UK A2 MIX:Offerは$200
UK ONP#8 : Offerは$246-250
UK OINP#9:Offerは$255
UK OCC(95/5) : $230で成約

J-MIX  : $239‐248で成約
J-OCC  : $250で成約
J-ONP  : $235-238で成約
J-OINP#9:Offerは$248-250

2017年02月10日

今週の中国向け到着価格
US MIX     : $208‐212で成約
US ONP#8: Offerは$220-225
US OINP#9: Offerは$240
US OCC#11:Offerは$260‐275

UK A2 MIX:Offerは$200
UK ONP#8 : No info
UK OINP#9:Offerは$240
UK OCC(95/5) : $228‐230で成約

J-MIX  : $237‐241で成約
J-OCC  : $243‐245で成約
J-ONP  : Offerは$228‐235
J-OINP#9:Offerは$248-250

2017年02月09日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $210で成約
US ONP#8: Offerは$220
US OINP#9: Offerは$240
US OCC#11:Offerは$255-265

UK A2 MIX:Offerは$190
UK ONP#8 : No info
UK OINP#9:Offerは$240
UK OCC(95/5) : Offerは$225

J-MIX  : $240-243で成約
J-OCC  : $244-250で成約
J-ONP  : Offerは$228‐235
J-OINP#9:Offerは$248-250

2017年01月23日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $198-200で成約
US ONP#8: $205で成約
US OINP#9: Offerは$237‐240
US OCC#11:Offerは$240-245

UK A2 MIX:Offerは$185-190
UK ONP#8 : No info
UK OINP#9:Offerは$235-240
UK OCC(95/5) : $220-221で成約

J-MIX  : $234-235で成約
J-OCC  : Offerは$235-240
J-ONP  : $224‐225で成約
J-OINP#9:Offerは$245-250

2017年01月16日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $195-200で成約
US ONP#8: $200‐202で成約
US OINP#9: Offerは$237‐240
US OCC#11:Offerは$240-245

UK A2 MIX:Offerは$185-190
UK ONP#8 : No info
UK OINP#9:Offerは$235-240
UK OCC(95/5) : $208‐212で成約

J-MIX  : $230-237で成約
J-OCC  : $232で成約
J-ONP  : $224‐225で成約
J-OINP#9:Offerは$245-250

2017年01月06日

先週~今週の中国向け到着価格
US MIX     : Offerは$197-200
US ONP#8: Offerは$205‐215
US OINP#9: Offerは$237‐240
US OCC#11:Offerは$230‐237

UK A2 MIX:Offerは$185‐190
UK ONP#8 : No info
UK OINP#9:Offerは$235
UK OCC(95/5) : Offerは$210-212

J-MIX  : Offerは$228‐230
J-OCC  : Offerは$230
J-ONP  : Offerは$226‐230
J-OINP#9:Offerは$245-250

2016年12月26日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $193で成約
US ONP#8: $205で成約
US OINP#9: $235で成約
US OCC#11:$222-225で成約

UK A2 MIX:Offerは$184-185
UK ONP#8 :Offerは$200
UK OINP#9:Offerは$235
UK OCC     : Offerは$205-210

J-MIX  : $223-225で成約
J-OCC  : $227-228で成約
J-ONP  : Offerは$227-235
J-OINP#9:Offerは$245-250

2016年12月19日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $190-192で成約
US ONP#8: $192-195で成約
US OINP#9:Offerは$225-230
US OCC#11:$220で成約

UK A2 MIX:Offerは$178
UK ONP#8 :Offerは$190
UK OINP#9:Offerは$225-230
UK OCC     :$202で成約

J-MIX  : $223-225で成約
J-OCC  : Offerは$228
J-ONP  : Offer$226-230
J-OINP#9:Offerは$245-250

2016年12月12日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $185-188で成約
US ONP#8: Offerは200
US OINP#9:Offerは$225-230
US OCC#11:$217-220で成約

UK A2 MIX:Offerは$178
UK ONP#8 :Offerは$190
UK OINP#9:Offerは$225-230
UK OCC     :$202で成約

J-MIX  : Offerは$221-225
J-OCC  : Offerは$228
J-ONP  : $230で成約
J-OINP#9:Offerは$245-250

2016年12月05日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $185-186で成約
US ONP#8: $188で成約
US OINP#9:Offerは$225-230
US OCC#11:$215で成約

UK A2 MIX:Offerは$170
UK ONP#8 :Offerは$186
UK OINP#9:Offerは$225-230
UK OCC     :$198-200で成約

J-MIX  : $226(Xiamen)で成約
J-OCC  : $225-235で成約
J-ONP  : $232-233で成約
J-OINP#9:Offerは$245-250

2016年12月01日

↓訂正! 9月比10月輸入の数量は毎年10-20%減ってるので、下記の数字がそのまま韓進の破綻の影響ではないとの事です。

中国情報を簡単に、、、
韓進の破綻で中国に入荷しなかった古紙が思ったより大量に有って、中国の10月入港分が9月比27.4%の急減になったようで、そのために古紙価格が高騰してしまったわけですね、ヨーロッパからの運賃の値上げも大きいようですし。

特に先週あたりまで中国国内古紙に中国メーカーさんが高値を出してました、国内ダンボールが1800-2000元になりました。
しかし今週辺りから中国全土の製紙メーカーさんはOCCの急激な値上がりに対抗し始めました。
現在は、1,500-1,600元になってきました。 ダウンタイムを早めに実施するようです。
J-OCCは火曜日に$230-233を付けた後、現在は$225までです、それも一部のメーカーのみ買いました。 全体的には$210辺りに買い意欲が有るようです。
JMIXも下げようとしてしてます。 富陽はこの値段ではついてこれません。
恐らく旧正月でのダウンタイムも有り、マーケットは全般的に下がって来るでしょう。

2016年11月28日

先週の中国向け到着価格
US MIX     : $180で成約
US ONP#8: $190で成約
US OINP#9:Offerは$225-230
US OCC#11:$212-215で成約

UK A2 MIX:Offerは$168-170
UK ONP#8 :Offerは$186
UK OINP#9:Offerは$225-230
UK OCC     :$190-195で成約

J-MIX  : $215-217で成約
J-OCC  : $218-220で成約
J-ONP  : $232-233で成約
J-OINP#9:Offerは$245-250

2016年11月21日

中国向け到着価格
US MIX     : $175-176で成約
US ONP#8: $185で成約
US OINP#9:Offerは$225-230
US OCC#11:$210で成約

UK A2 MIX:Offerは$165-170
UK ONP#8 :Offerは$184-186
UK OINP#9:Offerは$225-230
UK OCC     :$188-190で成約

J-MIX  : $208-209で成約
J-OCC  : $210で成約
J-ONP  : $228-230で成約
J-OINP#9:$245-248で成約

2016年11月16日

下の英文は、NY州のLockheed Martinの研究施設で、1年遅れで完成したテスト用小型マシンの記事です。  これは、Concord Blue & Lockheed Martinが、Concord BlueのCore Technologyで共同開発し、出資者の一つであるResource Energy Development, Inc. (REDI) http://www.resourceenergydevelopment.com/web/ が世界へ向けて展開しようとしてるシステムです。

この技術を一言で言えば、金属/ガラス/陶器以外の有機物であれば、何でも一緒にでも放り込めて、火を使わず二酸化炭素を発生させず、水素ガスが50%の混合ガスを発生させることができ(他にはメタンや一酸化炭素)、この水素ガスを使って高効率の発電が可能です。 日本に現存する最新式のバイオ発電装置の3-4倍の収率です。 ネックとなる条件は水分です、水分は20%まででないと高収率の発電は難しくなります。

このテスト小型マシンは、弊社の株主の一つである広陽サービス株式会社 http://www.koyo-s.co.jp/  の尾崎社長のリクエストで完成したものです。   この小型マシンは日本の廃掃法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)に照らし合わせ、都市部でも比較的設置許可を取りやすい大きさの物です。 東京においては、大型装置の設置は特殊なケースを除いてほぼ無理な状況ですので。
同じく株主の一つである、株式会社東京クリアセンター http://www.tokyoclear.co.jp/ が子会社の株式会社アルフォhttp://www.alfo.co.jp/の2号機にて、食品廃棄物から飼料を作る過程で発電/売電もする計画ですが、これがその特殊なケースで、東京エコタウンに参画を許されてますので城南島にて大型設備の稼働が可能になります。 アルフォにてもこのConcord Blueの技術の導入を検討して頂きましたが、食品残渣には70%強の水分が含まれているため断念しました、メタンガスを発生させての発電の方が良いと判断しました。
現在、既にひとつ前の世代の大型設備がインドで稼働しており、この小型マシンと同じ最新世代の大型施設は現在ドイツに建設中です。

今回弊社ホームページに載せましたのは、REDIと縁が有りまして、REDIに、日本での展開は弊社にて独占的に扱わせるというお墨付きをもらえたからです。 株主を中心としたグループとしての動きを期待されていると思います。
まずは、小型マシンでも問題なく稼働して、水素ガスを発生でき、発電も高収率で行えるという実物をこの目で見てみないと、導入も、他社への推奨もできないという尾崎社長の意向で建設を依頼しました、来年6月に見に行きます、冬場は雪の多い地域ですし、準備期間も欲しいし6月にしました。  その時に通訳も入れて先方のプレゼンや、質疑応答の場面や、できるだけ施設も撮影し、編集してプロモーションDVDを作ろうと思ってます。 いろんな方のご意見や質問もDVDに盛り込みたいと思いますのでもう少し一緒に見学に行く方を増やしたいと思っております。
ロッキードには引き続き小型マシンの研究開発を依頼してます、今後、ガソリンスタンドみたいな水素ステーションが増えてくるのであれば、そこでごみを放り込んだら水素ガスが発生できる装置が有れば良いですし、エネファームクラスの大きさであれば家庭ゴミから発電も可能でしょうし。技術的には積み木のようにサイズアップもダウンも可能とのことですが、、、

ロッキードが日本でも建設を担当すると言ってますがメンテなども考えますと日本のパートナーも必要ですし、今後の課題はたくさんありますが、、、

Tech Breakthrough: Lockheed Martin Opens Advanced Bioenergy Plant New System to Convert Waste into Clean Power for the Lockheed Martin Facility in Owego, New York

OWEGO, New York, Sept. 20, 2016 – Lockheed Martin (NYSE: LMT) opened a new bioenergy facility in Owego, New York, at a ribbon cutting ceremony today. The system, which is now completing commissioning, uses Concord Blue’s advanced technology that will convert waste into clean, renewable energy.
“This new bioenergy technology can change the way our world addresses clean energy and waste management challenges,” said Frank Armijo, vice president of Lockheed Martin Energy. “At our bioenergy facility in Owego, we’re able to reduce our own energy costs while also demonstrating the groundbreaking capability of our technology to potential users.”
Prior to the ribbon cutting, Lockheed Martin successfully demonstrated the end-to-end capability of the new system. The demonstration validated its ability to convert waste material into energy for the company’s Owego operations, where it designs and builds space-flight hardware, military helicopters and fixed-wing aircraft.
How It Works
This self-sustaining system can transform waste into electricity through a process called advanced gasification. There are four key steps in the process:
Waste Collection: Wood-waste, municipal solid waste, industrial waste and more can be collected and used as input. The Owego facility will initially use wood-waste, with plans to transition to municipal, commercial or industrial waste to create its power in the future. Waste Conditioning: Metal, glass and other materials are removed, and the waste is dried to specification. Gas Creation: Proprietary heat carrier spheres are heated and mixed in with the organic waste. Once a certain temperature is reached, the solid waste turns into gas, which then travels to a reforming vessel where the gas is turned into synthesis gas (syngas). Power Generation: The syngas is then used to fuel a combustion engine that produces electricity. Alternatively, the syngas can also be used to produce hydrogen and biofuels.
Unlike incineration, the process is oxygen-free and flame-free, which means no harmful byproducts are produced, emissions are limited and waste going to landfills is greatly reduced.
What’s Next
Building off experience gained during development of the Owego facility, Lockheed Martin and Concord Blue recently began construction on a bioenergy plant in Herten, Germany. The facility will convert 50,000 tons of feedstock per year into 5 megawatts of energy output, enough to power about 5,000 local homes and businesses.
Concord Blue’s unique technology benefits the environment, fulfilling all international, Environmental Protection Agency and European regulations for renewable energy and air emissions. Concord Blue operates globally, with offices in the United States, Germany and India.
Lockheed Martin Energy is a line of business within Lockheed Martin that delivers comprehensive solutions across the energy industry to include demand response solutions, energy efficiency, energy storage, nuclear systems, ocean energy technologies and bioenergy generation.
For additional information, visit our website: www.lockheedmartin.com/energy
About Lockheed Martin Headquartered in Bethesda, Maryland, Lockheed Martin is a global security and aerospace company that employs approximately 98,000 people worldwide and is principally engaged in the research, design, development, manufacture, integration and sustainment of advanced technology systems, products and services. For additional information, visit our website: www.lockheedmartin.com.
http://m.lockheedmartin.com/m/us/news/press-releases/2016/september/mfc-tech-breakthrough-lockheed-martin-opens-advanced-bioenergy-plant.html

2016年11月14日

中国向け到着価格
US MIX     : $168-170で成約
US ONP#8: $183-185で成約
US OINP#9:Offerは$225-230
US OCC#11:$202-205で成約

UK A2 MIX:Offerは$165-170
UK ONP#8 :Offerは$184-186
UK OINP#9:Offerは$225-230
UK OCC     :Offerは$180-185

J-MIX  : $207-208で成約
J-OCC  : $207-210で成約
J-ONP  : $228-230成約
J-OINP#9:$245-248で成約

2016年11月14日

先週末、A-OCCの中国到着Offer価格が急落し始めました。
先週初めには、#11は$208でしたが、週末には$202-205が出始めました。
或る人の話では、先週ACNが、大量の     #12OCCを他社にも売り捌こうとしてたようです、かなりの数量が海の上で中国に向かってるようです、他のSupplierにも似たようなことが散見されます。
一般的にL/C Openが遅れているせいかも知れないと。。。

2016年11月08日

OBM(毎月5日に発行されますアメリカのOfficial Board Market、昔、黄色い紙でしたのでイエローシートとも呼ばれてました。 これをベンチマークにDLKなどの価格交渉を行います)に、中国到着価格(主要港向けCFR/MT)の推移も出てますので載せておきます。
MIX Paper   : $167-170(+14)
Regular OCC:$207-210(+13)
DLK             :$219-222(+12)
ONP#8        :$182-185(+10)
SOP(日本の込頁、OP#1クラス)   :$265-268(+11)
S-W/L(日本の上模造~釜入れクラス) : $322-325(+0)

2016年11月07日

中国向け到着価格
US MIX     : $170-172で成約
US ONP#8: $183-185で成約
US OINP#9:Offerは$230-235
US OCC#11:$207-210で成約

UK A2 MIX:Offerは$155-160
UK ONP#8 :Offerは$184-186
UK OINP#9: $225で成約
UK OCC       :$182で成約

J-MIX  : $207-208で成約
J-OCC  : $207-210で成約
J-ONP  : $229で成約
J-OINP#9:$245-247で成約

2016年10月31日

中国向け到着価格
US MIX     : $167-168で成約
US ONP#8: $185で成約
US OINP#9:Offerは$215-220
US OCC#11:$207-210で成約

UK A2 MIX:Offerは$155-160
UK ONP#8 :Offerは$184-186
UK OINP#9: Offerは$232
UK OCC       :$180で成約

J-MIX  : $204-206で成約
J-OCC  : $205-206で成約
J-ONP  : $227-228で成約
J-OINP#9: Offerは$240-245

2016年10月26日

中国向け到着価格
US MIX     : $165で成約
US ONP#8: $183-185で成約
US OINP#9:Offerは$215-220
US OCC#11:$207-210で成約

UK A2 MIX:Offerは$155-165
UK ONP#8 :Offerは$184-186
UK OINP#9: Offerは$232
UK OCC       :$175で成約

J-MIX  : $204-206で成約
J-OCC  : $202-205で成約
J-ONP  : $227-228で成約
J-OINP#9: Offerは$240-245

2016年10月24日

中国向け到着価格
US MIX     : $165-168で成約
US ONP#8: $185で成約
US OINP#9:Offerは$215-220
US OCC#11:$203-205で成約

UK A2 MIX:Offerは$155-160
UK ONP#8 :Offerは$184-186
UK OINP#9: Offerは$232
UK OCC       :$180で成約

J-MIX  : $200-202で成約
J-OCC  : $202-203で成約
J-ONP  : $225で成約
J-OINP#9: Offerは$235

2016年10月14日

中国向け到着価格
US MIX     : $160-162で成約
US ONP#8: $185で成約
US OINP#9:Offerは$215-220
US OCC#11:$201-202で成約

UK A2 MIX:Offerは$155-160
UK ONP#8 :Offerは$184-186
UK OINP#9: Offerは$232
UK OCC       :$180で成約

J-MIX  : $198-200で成約
J-OCC  : $202-203で成約
J-ONP  : $222-223で成約
J-OINP#9: Offerは$235

 

2016年10月06日

中国向け到着価格
US MIX: $152で成約 ⇒$156で成約
US ONP#8: $178で成約 ⇒$180-182で成約
US OINP#9:Offerは$215-220 ⇒変わらず
US OCC#11:$190で成約 ⇒$196で成約

UK A2 MIX:Offerは$155-160 ⇒変わらず
UK ONP#8:Offerは$184-186 ⇒変わらず
UK OINP#9: $227で成約 ⇒Offerは$232
UK OCC :$179-180で成約 ⇒$180で成約

J-MIX  : $192-194で成約 ⇒$195で成約
J-OCC  : Offerは$190-192 ⇒$195で成約
J-ONP  : $215で成約⇒$215-218で成約
J-OINP#9: Offerは$229-230 ⇒ 変わらず

2016年09月29日

こんなショートコメントが来ましたので↓

韓進の破綻に乗じ、スペースタイトを理由に、船会社は海上運賃を上げようとしており、それがアメリカのOCC価格を押し上げるかもしれない。

結果は来週にもはっきりするであろうが、一方では、コンテナのスペースはずっと余っており、韓進不在による海上運賃の上昇は僅か、で収まるのではないか、とも言われている。 とりあえず$100/vanのGRIを計画しているが。

一方、アメリカ現地のOCC需要はまだ好調だが、価格的には横ばいか若干弱い状況。 ただし輸出玉自体の数量はタイト気味のまま。

そんななか、アメリカのOCCのOfferは$200を回復してはいるし、Supplierは$198/mtのオーダーもなかなか決めようとしない状況。 いずれにしても確定価格がまだつかめない状況。

2016年09月26日

1週間抜けてしまいました、久々にアメリカ出張行って参りました、向こうでも書き込めると思ってましたが中々ドタバタしてまして。。。

中国向け到着価格
US MIX: $152で成約 ⇒変わらず
US ONP#8: Offerは$175-185 ⇒$178で成約
US OINP#9:Offerは$215-220 ⇒変わらず
US OCC#11:$185で成約 ⇒$190で成約

UK A2 MIX:Offerは$155-160 ⇒変わらず
UK ONP#8:Offerは$184-186 ⇒変わらず
UK OINP#9: $227で成約 ⇒Offerは$232
UK OCC :$176-180で成約 ⇒$179-180で成約

J-MIX  : $190-192で成約 ⇒$192-194で成約
J-OCC  : Offerは$185-188 ⇒Offerは$190-192
J-ONP  : $215で成約⇒変わらず
J-OINP#9: Offerは$229-230 ⇒ 変わらず

2016年09月13日

今週の中国so far
富陽が戻ってきた後の今週のアメリカ古紙市況はパッとしない状況です。
それに、韓進が無くなった事で、他の船会社は海上運賃の値上げを試みてます。
現在のOffer価格は下記です。
US
#3: 150-153
#8: 180-185
#11: 185-190

JMIXのOfferは限られてます。 $190-195
JONP は$210-215、
JOCC は$185前後
夏休み終了後もJOCCの発生は増えてない、と中国は把握してます。
マーケットは暫く横ばいから、このまま発生が悪ければ上昇するだろうと踏んでるようです。

2016年09月12日

中国向け到着価格
US MIX: Offerは$153-156 ⇒$152で成約
US ONP#8: $184-185で成約 ⇒Offerは$175-185
US OINP#9 :  Offerは$220 ⇒Offerは$215(韓国向けが主流です)
US OCC#11:$185で成約 ⇒$185で成約

UK A2 MIX: Offerは$155-160 ⇒変わらず
UK ONP#8:  Offerは$200 ⇒ Offerは$184-186
UK OINP#9:  Offerは$235 ⇒Offerは$238-240
UK OCC :$182-184で成約 ⇒$176-180で成約

J-MIX  : Offerは$190-195 ⇒$187-190で成約
J-OCC  : Offerは$188-192 ⇒$185-188で成約
J-ONP  : $215-216で成約⇒$215で成約
J-OINP#9: Offerは$229-230 ⇒ 変わらず

2016年09月08日

-----OBMに表記されてるtonとtonneの違いについて-----
毎月5日前後に発表されるOBMですが、皆様お気づきでしょうか?大半の方には釈迦に説法でしょうけれどもご質問もいくつか有りましたので、、、

OBMの2枚目のFAS価格のper ton と、CFR価格の per tonne、英米では、ヤード・ポンド法のトンは ton と書き、メトリックトンはフランス語風に tonne と書いて区別しています。
イギリスでは『1トン=2,240ポンド』、『1ポンド=約0.45359237kg』なので、実は私達が使っている『kg(キログラム)』に換算すると『1トン=1,016.04kg 』となってしまうのです。

アメリカでも同じヤード・ポンド法を採用していますが、更に、数値が異なります。
『1トン=2,000ポンド』、『1ポンド=約0.45359237kg』なので、『1トン=907.185kg 』となっているのです。イギリスとアメリカの違いを明確にする為には、イギリスのものは『英トン』、アメリカのものは『米トン』などと呼んで区別をしなければなりません。

これらが、ヤード・ポンド法における『1トン』なのですが、このままではややこしいので、その後、世界共通に使える単位を決めようと、メートル法が国際的に制定される運びとなりました。
このメートル法はフランスが提唱して、世界的に広がりました。
しかしながら、元々はメートル法には『トン』という単位はありませんでした。
そこでヤード・ポンド法の『トン』と言う単位に近づけた、メートル法における『トン』と言う事で『1トン=1,000kg』と規定される事になったので、日本においての一般的な認識は、『1トン=1,000kg』なんですね。

ですが、イギリスもアメリカも、長い間メートル法を採用せずにヤード・ポンド法を使用しているので世界ではまだまだ色々な『トン』が混在し続けているわけです。

話しをアメリカに、OBMに戻して具体的に申し上げますと、tonがアメリカで頑なに使われてるショートトンで2,000ポンド(907.185キロ)、CFR価格のtonneはその他の世界全般で使われてるメートル法のメトリックトン(キロトン)で、1,000キロです。
従いまして、アメリカのショートン表示のFAS価格をメトリックトン(キロトン)に変換するには、1.10231倍しないといけません。 LA CY $100/st =LA CY $110.231/mt  と言う事です。 これに通関費用/海上運賃/海上保険/金融コスト/口銭を乗っけるとCIFの販売価格になります。
で、ややこしいのが重量でして、値段をショートトンからメトリックトンに直すには1.10231倍すれば良いんですが、つまり単位がショートトンの値段は、単位がメトリックトンの世界では約1.1倍にして売らないと損する、 と頭に入れます。
で、数量は逆になります、ショートトンの方が軽い分けですから、1000㌧有るから $100/stで売ってくれと言われますとメトリックトンにして売るには900トンちょっとしか無いわけです、900トンちょっとを$110.23/mtにして、海上運賃等々のコストを乗っけてCFR、CIFにして販売するわけです。

それで、FASと言うのは厳密にいえば通関費用までSupplier側の負担です、と言っても古紙ではアメリカも日本も海上運賃には船に積む作業賃も含まれてるケースがほとんどですし、アメリカでは自分で簡単に無料で通関できますけどね。
通常の、コストとしての通関費用とは、フレートフォワーダーに船のBooking頼んでB/Lデータを作ってもらって、通関データ打ち込んでもらって、というのを考えますが。

で、OBMにはCFRと書いてますが、CIFから保険代を買主負担にした、つまり抜いた値段です、CIFでもCFRでも、海上運賃を含むだなんだと書いてますが、実際は通関費用/海上運賃/海上保険/金融コスト/口銭などなどコスト全般を含んだ物がCIFで、保険を抜いたのがCFR価格です。
1990年のインコタームズ改正まではC&Fと呼ばれ、我々年寄りにはC&Fの表記の方がなじみが有りますしついつい書いちゃいますね、&の代わりに“N”を用い、CNFとか。

2016年09月05日

中国向け到着価格
US MIX: Offerは$155‐160 ⇒ Offerは$153-160
US ONP#8: $188-190でOffer ⇒$184-185で成約
US OINP#9 :  Offerは$230 ⇒ 変わらず(韓国向けが主流です)
US OCC#11:$190‐192でOffer ⇒$185で成約

UK A2 MIX: Offerは$155-160 ⇒変わらず
UK ONP#8:  Offerは$200 ⇒ 未確認
UK OINP#9:  Offerは$235 ⇒ 未確認
UK OCC :$183-184で成約 ⇒$182-184で成約

J-MIX  : $185で成約 ⇒Offerは$190-195
J-OCC  : $188-192で成約 ⇒Offerは$188‐192
J-ONP  : $215-216で成約⇒変わらず
J-OINP#9: $239 ⇒ Offerは$229-230(向け先は韓国向けが多い)

2016年08月29日

中国向け到着価格
US MIX: $160‐165で成約 ⇒ Offerは$155‐160
US ONP#8: $188-190で成約 ⇒ Offerは$188-190
US OINP#9 :  Offerは$230 ⇒ 変わらず(韓国向けが主流です)
US OCC#11:$195‐200で成約 ⇒Offerは$190-192

UK A2 MIX: Offerは$167 ⇒ Offerは$155‐160
UK ONP#8:  Offerは$200 ⇒ 未確認
UK OINP#9:  Offerは$235 ⇒ 未確認
UK OCC :$185-187で成約 ⇒$183-184で成約

J-MIX  : $187-190で成約 ⇒ $185で成約
J-OCC  : $197‐199で成約 ⇒ $188‐192で成約
J-ONP  : $215で成約⇒$215-216で成約
J-OINP#9: $239 ⇒ Offerは$229-230(向け先は韓国向けが多い)

2016年08月24日

この件、一言で申し上げれば、たいしたインパクト無いようです。↓

アメリカのジカ熱の問題で、8/18日に上海税関から下記の通知がありました。  ZIKA  VIRUSを防止するために、アメリカからの古紙輸入で、アメリカ政府あるいは中国政府公認機関のanti-mosquito証明書が提出できない場合は、上海現地で燻蒸処理をしなければなりません。 上海だけなのか、相場にどれぐらいのインパクトがあるのか調べておきます。

2016年08月22日

中国向け到着価格
US MIX: $170で成約 ⇒ $160-165で成約
US ONP#8: $180-185で成約 ⇒ $188-190で成約
US OINP#9 :  Offerは$230 ⇒ 変わらず(韓国向けが主流です)
US OCC#11:$210で成約 ⇒$195-200で成約

UK A2 MIX: Offerは$167 ⇒ 変わらず
UK ONP#8:  Offerは$200 ⇒ 変わらず
UK OINP#9:  Offerは$235 ⇒ 変わらず
UK OCC :$180-185 ⇒$185-187で成約

J-MIX  : $188-190 ⇒ $187-190で成約
J-OCC  : $194-198 ⇒ $197-199で成約
J-ONP  : $215-224 ⇒ $215で成約
J-OINP#9: $239 ⇒ Offerは$229-230

2016年08月12日

中国向け到着価格
US OCC#11: $208-210で成約 ⇒$197-207で成約したようです。
Offerはまだ$205-210が主流のようですが。
ダウンが一時的なのか暫く下がるのかまだ何とも言えないですが、上か下かで言えば
下の可能性の方が高そうです。。。

2016年08月09日

中国向け到着価格-追加分-
UK OCC:$180-185 ⇒ $185‐186で成約

2016年08月05日

石黒さんの件ですが、既に7月2日に、老人ホームで安らかに亡くなってたそうです。
特に皆さんにはお知らせせず、海で散骨されたそうです。
このところやせて弱っていらっしゃったとのことです。
こうゆう場合はお香典ではなく、カードか、お花にカードを添えてお送りする、とかの方が良いですかねぇ、、、

2016年08月04日

中国向け到着価格
US MIX : $165-168 ⇒ $170で成約
US ONP#8: $180-185で成約 ⇒変わらず
US OINP#9 :  $225でOffer ⇒ $230でOffer
US OCC#11:$205で成約 ⇒$210で成約

UK A2 MIX: 確認できず ⇒ Offerは$167
UK ONP#8:  Offerは$185 ⇒ $Offerは$200
UK OINP#9:  確認できず ⇒ Offerは$235
UK OCC     :  $180-185 ⇒ Offerは$195

J-MIX  : $185-188 ⇒ $188-190で成約
J-OCC  : $194-198 ⇒ 変わらず
J-ONP  : $215-218 ⇒ $215-224で成約
J-OINP#9: $239 ⇒変わらず

2016年08月04日

石黒さんの件ですが、お葬式は終わったのかどうかなど詳しいことは判ってませんが、ご希望の方がいらっしゃいましたら、弔電、お香典の手配を致します。
お香典の場合、PEGASUS FIBERから皆様のお名前でお送りして(額はUS$で仰ってください)、そのドル価値に見合う日本円を永留が日本で受け取ります。 来月には訪米して持って行きますので。

2016年08月04日

訃報
LA在住の石黒さんが亡くなりました、享年84歳
加商時代から、10年前に完全引退されるまで大変お世話になりました、有難う御座いました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

氏の略歴
テキサス大 → トーメンUSA →
SunSet Fiber(Art Kazarian) →
ALLAN COMPANY(Steve Young)→
サミット(住商紙パ) → セーフシュレッド(JP) ⇒ JOP AMERICA LA Office

2016年08月02日

アメリカの古式規格大幅変更はご連絡してたと思いますが、
具体的な内容はまだでしたっけ? ↓

PSI specifications Committee
Proposed draft changes to specification circular as of 3/7/16

Deletions
Deletion of News Grades #6, 7, and 8
---  無くなりました、、、

Deletion of Mix Grades #1, 2, and 3
---これも無くなりました

New Grades
Sorted Clean News (SCN) - Consists of sorted newspapers from source separated collection programs, converters, drop-off centers and paper drives containing the normal percentages of roto gravure, colored and coated sections.  May contain inserts that would normally be included in the newspaper in the proper proportions. Grade must be free of excessive ink, brown grades and non-paper material. {Some mills may require pack to be free of flexographic inks.}
Prohibitive Materials: ½ of 1%
Outthrows plus Prohibitives may not exceed 1%
Other papers may not exceed 10%

Sorted Residential Papers (SRP) - Consists of sorted newspapers, junk mail, magazines, printing and writing papers and other acceptable papers generated from residential programs (such as residential household and apartment collections and drop-off centers) sorted and processed at a recycling facility. Material should be free of containerboard & brown grades {OCC, Kraft bags, Boxboard and Kraft carrier board}
Prohibitive materials may not exceed 2%
Outthrows may not exceed 3%

Mixed Paper (MP) - Consists of all paper and paperboard of various qualities not limited to the type of fiber content, sorted and processed at a recycling facility.
Prohibitive materials may not exceed 2%
Outthrows may not exceed 3%

 

2016年07月28日

ちょっと月末近くの相場急変でバタバタして遅れました。。。修正済み
中国向け到着価格
US MIX : $160-163 ⇒ $165-168で成約
US ONP#8  : $175-180 ⇒ $180-185で成約
US OINP#9 :  $225でOffer ⇒ 変わらず
US OCC#11 : $200-205 ⇒ $205で成約

UK A2 MIX: $154-155 ⇒ Offerは$167
UK ONP#8:  確認できず ⇒ Offerは$185
UK OINP#9:  確認できず ⇒ Offerは$235
UK OCC     :  $178 ⇒ $180-184で成約、Offerは$187-192

J-MIX  : $185-188 ⇒ $185-187で成約
J-OCC  : $185-190 ⇒ $192‐196で成約
J-ONP  : $215 ⇒ $215で成約
J-OINP#9: $239 ⇒変わらず

2016年07月13日

中国向け到着価格(一部 再更新
US MIX       : $150 ⇒ $160で成約
US ONP#8  : 決まらず ⇒ $170で成約
US OINP#9 :  決まらず ⇒ Offerは$225
US OCC#11 : $182-183 ⇒ $195-200で成約

UK A2 MIX: $145 ⇒ $154-155で成約
UK ONP#8:  確認できず ⇒ 確認できず
UK OINP#9:  確認できず ⇒ Offerは$223‐226
UK OCC     :  確認できず ⇒ $178で成約

J-MIX  : $183-184 ⇒ $185‐188で成約
J-OCC  : $180-184 ⇒ $185‐190で成約
J-ONP  : $212 ⇒ $215で成約
J-OINP#9: $223-239 ⇒ $239で成約

2016年07月09日

アメリカのOCCが急騰中、中国着値段で$190超えてきており8月には$200に達する可能性あり。米国国内需要好調時期がまだ続いている中、洪水の影響で玉確保に走る中国勢の需要が重なった。

2016年07月07日

中国向け到着価格(成約)
US MIX       : $147-150 ⇒ $150
US ONP#8  : $156-158  ⇒ 決まらず
US OINP#9 : 確認取れず、Offerは$210-220 ⇒ 決まらず
US OCC#11 : $180 ⇒ $182-183

UK A2 MIX: $145~ ⇒ 確認できず
UK ONP#8:  確認できず ⇒ 確認できず
UK OINP#9: $220 ⇒ 確認できず
UK OCC     : $178  ⇒ 確認できず

J-MIX  : $183-186  ⇒ $183-184
J-ONP  : $204-206  ⇒ $212
J-OCC  : $180 ⇒ $180-184
J-OINP#9: 確認取れず⇒ $223-239

2016年06月27日

中国向け到着価格(成約)
US MIX       :$145-146 ⇒ $147-150
US ONP#8  :$155-156 ⇒ $156-158
US OINP#9 :$205 ⇒ 確認取れず、Offerは$210-220
US OCC#11 :$175-176 ⇒ $180

UK A2 MIX: $138 ⇒$145~
UK ONP#8: 確認できず ⇒確認できず
UK OINP#9:$210 ⇒ $220
UK OCC     : $169-170 ⇒ $178

J-MIX  :$183-186 ⇒ 変わらず
J-ONP  :$200-205 ⇒ $204-206
J-OCC  :$173-178 ⇒ $180
J-OINP#9:$229(先々週)⇒ 確認取れず

2016年06月17日

中国向け到着価格(成約)
US MIX       :$145 ⇒$145-146
US ONP#8  :$154 ⇒$155-156
US OINP#9 :$205 ⇒ 確認取れず
US OCC#11 :$170 ⇒$175-176

UK A2 MIX: $138 ⇒$130-135
UK ONP#8: 確認できず ⇒確認できず
UK OINP#9:$210⇒確認できず
UK OCC     : $168-170⇒ $169-170

J-MIX  :$179‐181⇒$183-186
J-ONP  :$199‐203⇒$200-205
J-OCC  :$169-170⇒$173-178
J-OINP#9:$229⇒変わらず

2016年06月14日

中国向け到着価格(成約)
先週はDragon Boat holidaysで木曜日から休みでしたのでほぼ動きのない感じです。
US MIX       :$142-144  ⇒$145
US ONP#8  :$152 ⇒$154
US OINP#9 :$205 ⇒ 変わらず
US OCC#11 :$169-170 ⇒$170

UK A2 MIX: $130-135⇒$138
UK ONP#8: 確認できず
UK OINP#9:$210⇒変わらず
UK OCC     : $168-170⇒ 変わらず

J-MIX  :$179‐180⇒$181-186
J-ONP  :$199‐203⇒$200-206
J-OCC  :$169-170⇒$173-177
J-OINP#9:$229⇒変わらず

2016年06月07日

今日、久々にBusiness Friendに聞かれました、年明けからずっと円高だけど大丈夫か?と、、、彼は以前、うちが為替でかなりやられたことを知ってる人です、それで思い出したのが辛かったリーマンショック以降の数年ですねぇ。
リーマンショック時は、古紙輸出部門もやられましたが、今はもう切り離し済みの弊社新木場ヤードのやられっぷりもすごかったです。
2008年9月末に決めた10月分のPETフレークの店頭価格が68円/kg、毎日のように修正が入って下がって行き、一ヶ月後の10月末に言われたのが暫定5円/kgでした、商売として成り立たなかったですね。  さらにその後の急激な円高。
その少し前の2006‐2007年頃、為替は120円程度で、もうちょっと円安に行くのではないか?、と言う感じでした。  そのころ複数の銀行さんが、弊社が輸入もやってたのでこんな話しを持って来ました、”輸入為替を5年契約で予約してくれれば、120円のレートじゃなくて、100‐105円のレートが取れますよ、輸入量の1/3くらいヘッジしたらどうですか? この先10年くらい、為替は100円を切ることはまず有りませんよ”、と。
輸入は輸出と違って先の予約ほど良いレートが取れます、金利差ですね。
 それで月間輸入総額の1/3程度、10-15万㌦を5年契約しました、何回かに分けてレートを見ながらです、、、  その後のレート推移は皆さんご存じのとおりで、2008年前半くらいから100円前後になり2011年末頃には80円を切ってました。
この頃です、弊社の最悪期は。  為替が原因でした。 平均105円で5年契約した分が、良かった時期は1年間くらいで、もう1年間はトントンで、残り3年は平均毎月200万円くらい為替差損が出てました。 例えばピークでは、15万㌦で、110円弱の契約、実際は80円弱、差額約30円 x 15万㌦だと、450万円の損になります、月に。  10-15万ドル程度だったからまだ良かったですが、輸入がメインの会社がこの輸入デリバティブをやるとすさまじい損が出ます、潰れた会社も多かったですね。
しかもその損を取り戻そうと、輸出の為替予約で頑張っても、リーマンショック以降は、今くらいの為替レベルからからアッと言う間に80円弱ですから、そっちでもやられてしまって。。。
輸出は毎月4-5百万㌦発生しますので、1円やられただけで月に400-500万円の損になります、それが平気で1日に数円動くんですからちょっとミスったら軽く1000万円以上飛びます。
もうちょっと待てば日銀が介入して。。。とか、ま、結果を知ってる今となれば、ただの無駄な努力でしたけど、そんな事やってましたから、平均数円の損が半年くらい続きましたか、、、 それ以降はもう考えても無駄、素直に繋いで行きましょうって感じでやってます。 とは言え、予約ってどうしても半歩遅れます、アベノミクスで円安に向かう時は、繋ぐにしてものんびり構えてればプラスで儲かりました、だけどやっぱり円高に向かうと半歩遅れの分が為替でやられます。
ま、とは言え、餅は餅屋だとよく判りましたので、不安定だったヤードも切り離しましたし、いざとなれば株主さん達も頼りになるのね、と言うのも確認できましたし、2012年以降はV字回復を達成し、最近も好調を維持しております、会社の各機能も強化しつつありますので、皆さまご安心ください。
ご心配でしたら前金でも構いませんので、安心して量を増やしてやってください! <(_ _)>

2016年06月02日

中国向け到着価格(成約)
US MIX       :$142-143  ⇒$142‐144
US ONP#8  :$150-154 ⇒$152
US OINP#9 :$205 ⇒ 変わらず
US OCC#11 :$166-169 ⇒$169‐170

UK A2 MIX: $130-135⇒変わらず
UK ONP#8: 確認できず
UK OINP#9: 確認できず⇒$210
UK OCC     : $168-170⇒ 変わらず

J-MIX  :$178-182⇒$180‐182
J-ONP  :$196‐200⇒$198‐200
J-OCC  :$167-170⇒$169-170
J-OINP#9:$229⇒変わらず

2016年05月27日

中国向け到着価格(成約)
US MIX       :$142-143  変わらず
US ONP#8  :$150-154 変わらず
US OINP#9 :$205        変わらず
US OCC#11 :$166-169 変わらず

UK A2 MIX:決まらず 変わらず
UK ONP#8:決まらず 変わらず
UK OINP#9:$210⇒決まらず
UK OCC     :$166     変わらず

J-MIX  :$180-181⇒$178-182
J-ONP  :$196⇒$196‐199
J-OCC  :$169-170⇒$167‐169
J-OINP#9:決まらず⇒$229

2016年05月19日

中国向け到着価格(成約)
US MIX       :$142-143
US ONP#8  :$150-154
US OINP#9 :$205
US OCC#11 :$166-169

UK A2 MIX:決めにくい
UK ONP#8:決めにくい
UK OINP#9:$210
UK OCC     :$166

J-MIX  :$180-181
J-ONP  :$196
J-OCC  :$169-170
J-OINP#9:韓国向けのみ

2016年04月28日

日本でもようやく国土交通省4月28日付けホームページに掲載されましたね。
http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_tk8_000011.html

下記は弊社サンフランシスコ事務所の松木からの報告です。

SOLAS (Safety of life at Sea)  - VGM (Verified Gross Mass)
日本でももう行われてるかも知れませんが、7月1日の船積から、アメリカでもSOLAS (Safety of life at Sea)  - VGM (Verified Gross Mass)  が行われることになりました。
準備段階として、遅くとも6月下旬から始まります。下記は、CMAの担当者からの情報なんですが、どうも実務面では未だはっきりと分からないようです。これから、各船社に確認したり、Forwarderとも内容詰めていく予定ですので、その辺りは固まったら再度ご報告いたします。
『簡単にいうと、コンテナー毎のNet重量だけでなく、総重量を明記したShipper署名付の証明書が義務付けられます。
実務的にはForwarderやShipper等が書類を準備して、Shipperが署名、期日までに提出。期日までに船社、ターミナルに提出しないと荷物を載せてもらえなくなるので、期日厳守となります。

追加費用などの具体的な事はこれからですが、これにより運賃が10%程上乗せされる見込みです。 詳細分かり次第、又連絡します。』

念のため、下記はCMAのリンクです。
https://www.cma-cgm.com/products-services/verified-gross-mass

Chasses fee,  Pier pass fee といい、AMS advance fee等に加え、SOLAS (Safety of life at Sea)  - VGM (Verified Gross Mass)でも海上運賃が上がるとは予想外でした、、、

松木

2016年04月26日

アメリカ古紙規格、20年ぶりの大幅変更
Recovered Paper: Comment period to May 6 on ISRI, PSI spec changes


OAKLAND, CA, April 22, 2016 (PPI Pulp & Paper Week) - After the Institute of Scrap Recycling Industries (ISRI) Board of Directors approved changes to some recovered paper specifications, a public comment period is open until about May 6, ISRI said in a release last week.

The changes are to become effective by June 1, according to ISRI's release on Apr. 14. The changes were approved on Apr. 4 – and eliminate old newspaper (ONP) Nos. 6-8 and mixed paper Nos. 1-3, and replace them with sorted clean news (SCN), which is grade No. 58; sorted residential paper (SRP), which is grade No. 56; and one mixed paper grade, which is No. 54.

The specifications are benchmarks used by buyers and sellers of US recovered paper. The Paper Stock Industries (PSI) group worked for more than a year at meetings developing the changes, which also were approved at a PSI members vote and by the ISRI paper committee.

In its release, ISRI said:

Additions (effective June 1, 2016):

#58 Sorted Clean News (SCN) - Consists of sorted newspapers from source separated collection programs, converters, drop-off centers and paper drives containing the normal percentages of roto gravure, colored and coated sections. May contain inserts that would normally be included in the newspaper in the proper proportions. Grade must be free of excessive ink, brown grades and non-paper material. {Some mills may require pack to be free of flexographic inks.}

Prohibitive Materials: ½ of 1%

Out-throws plus Prohibitives may not exceed 1%

Other papers may not exceed 10%

#56 Sorted Residential Papers (SRP) - Consists of sorted newspapers, junk mail, magazines, printing and writing papers and other acceptable papers generated from residential programs (such as residential household and apartment collections and drop-off centers) sorted and processed at a recycling facility. Material should be free of containerboard & brown grades {OCC, Kraft bags, Boxboard and Kraft carrier board}.

Prohibitive materials may not exceed 2%

Out-throws may not exceed 3%

#54 Mixed Paper (MP) - Consists of all paper and paperboard of various qualities not limited to the type of fiber content, sorted and processed at a recycling facility.

Prohibitive materials may not exceed 2% Out-throws may not exceed 3%

おまけ
China's domestic collection of recovered paper declined 3.5% in 2015 to 53.6 million tonnes, vs 2014, with decrease across all major grades, according to UMPaper and RISI's China Recovered Paper Monthly Report. While domestic collection declined, imports increased, by 6.4% to 29.28 million tonnes, according to the report. Domestic collection in China of old corrugated containers dropped 2.9% to 47.3 million tonnes, of ONP dropped 10.6% to 2.04 million tonnes, and of other grades dropped 6.5% to 4.28 million tonnes.

2016年04月22日

4月中旬~ 中国向け到着価格(成約)
US MIX       :$138-140
US ONP#8  :$146-148
US OINP#9 :$200
US OCC#11 :$172-175

UK A2 MIX:決めにくい
UK ONP#8:決めにくい
UK OINP#9:$205
UK OCC     :$164

J-MIX  :$180-185
J-ONP  :$195
J-OCC  :$168
J-OINP#9:$224-225

2016年04月07日

4月前半の中国到着価格(成約)
US MIX       :$130-132
US ONP#8  :$144-149
US OINP#9 :$195
US OCC#11 :$172-173

UK A2 MIX:($116)決めにくい
UK ONP#8:($155)決めにくい
UK OINP#9:$195
UK OCC     :$160

J-MIX  :$182-183
J-ONP  :($198)決めにくい
J-OCC  :$167
J-OINP#9:($223)決めにくい

2016年04月06日

JONP 輸出価格急落!

2016年04月04日

4月初旬の中国到着価格(成約)
US MIX       :$128
US ONP#8  :$145
US OINP#9 :$190
US OCC#11 :$175

UK A2 MIX:$116
UK ONP#8:$155
UK OINP#9:$189
UK OCC     :$160


J-MIX  :$182-183
J-ONP  :$198
J-OCC  :$167-168
J-OINP#9:$223-225

2016年03月22日

China Market

US 雑誌, offer 125, order around $122

US新聞,  offer 145, order around $143-145

US OCC,  offer 180, order around $175


UK OCC , offer $168, order around 164,


JMIX,  offer 183-184, order around $182-183

JONP,  offer 200-202,

JOCC,  offer around 170

 

2016年02月29日

中国の成約ベースの相場です。
A-OCC    $168‐170
E-OCC   $155‐160
J-OCC    $168
J-MIX    $176-180
J-ONP    $200

J-MIXが相変わらず強く、J-OCCも踏ん張ってます、E-OCCが上がってます。

2016年02月18日

中国はまだ休み明けのはっきりした状態ではないですが、とりあえずの第一報です。
アメリカの MIXのofferは$110-120/mt CIF China, 休み前に確定した契約は$105-110 /mt CIF China

アメリカの ONPのofferは$130-135/mt CIF China, 休み前に確定した契約は $120/mt CIF China前後

アメリカのOCCの offerは$175/mt CIF China, 休み前に確定した契約は$168/mt CIF China前後

イギリスのMIX(A2)は$100/mt CIF China
ヨーロッパ/イギリスのOCCは休み前には$145/mt CIF China前後でしたが、現在$150/mt CIF ChinaでOffer来てるそうです。

日本のJOCCのOfferは$161/mt CIF 主要港で有ったそうですねぇ
MIXを$173/mt CIF主要港で買いたがってるようですが難しいですねぇ

2016年02月15日

たま~に日米の方から聞かれるんです、あなたアメリカの古紙も輸出してるのになんでまた相場情報なんかOpenにしてるの?って。  昔はSupplierまで紹介してましたしね。
米国のOCCと、上物の相場は、中国/韓国でのJOCCやJ-OP#1、J-W/Lの相場に影響するので見てるだけ。 アメリカの残紙の値段も日本の新聞の相場に影響するし(今はアメリカの残紙の方が安いので日本の新聞はなかなか売れません、もっともあまり輸出玉として出てこないのですが)、 要は日本では相場を占う参考程度に見てもらう、ただのサービスだ、と説明してます。
日本も多少は輸入してるでしょうに、とも仰るので、日本は特殊品をせいぜい年間2-3万トン程度アメリカはじめ海外から輸入してるだけだし、口銭をごっそり頂戴しようにも他の原料とのバランスが有るので高すぎれば買えなくなります、むしろ相場はこれぐらいですよ、これぐらいの口銭は下さいね、というくらいで丁度良い、とも説明してます。

17-18年前に古紙ジャーナルの先代社長の本願さんが記事にしてくれて一気に見て頂けるようになったんですが、あの当時はPEGASUS FIBERとして出してました。 その時はほとんどの商社さんに、しかも日米どっちの担当からも文句言われました、何てことしてくれるんだ、って。
皆さん仰るには、製紙メーカーさんから言われたそうです、この相場情報が正しいとするとお宅のお値段は随分高いねぇ。と。 商社のアメリカ側は日本側から、ずいぶん抜いてませんか?とも嫌味言われたそうで。  ご迷惑おかけしました。 その当時は日本もまだ年間数十万トンはアメリカから輸入してましたからね。
その当時アメリカからの輸出でもらえる粗利は$5前後、模造系で相場で上手く行ったり損したりが無くての平均は$5-10/mt前後でしたかね。 (その後ACNなんかが出てくると中国向けに関しては海上運賃からして全く歯が立たずに口銭が減るどころか商売自体が成り立たないことになるんですが、、、)PEGASUS FIBER発足当初は韓国向けに1万トン弱やってましたが、日本向けにはほぼゼロでした、日本向けにもなんらかの取っ掛かりが欲しいなぁ、といういたずらだったんですが。 おかげでいくつかの商社、製紙メーカーさんに買って頂けるようにはなりました。

2016年02月12日

昨日の建国記念日は、せっかくの休日なのに、のんびりとは程遠く、為替に翻弄された1日でした。
2月の価格が@118円前後での換算価格ですので、2月後半から3月の価格は@111‐112円前後で計算されると思います。 ざっと言えば1.20-1.30円/kgの値下げ要因になります。
全体的に国内価格の方が良くなってしまいますので、輸出業者はますますやりづらくなります。
そこまでの急な値下げは受け入れてもらえませんでしょうから、無理した値段で買い入れてオーダーを終わらせる、逆ザヤで、となるでしょうね。
でも日本には余った古紙、日本の製紙会社さんだけでは総がかりでも使いきれない古紙が、少なくとも年間400万トン強有るわけですから、今後ますます国内に偏って荷物が行けば、当然製紙会社さんも取り切れなくなります。 その様子を眺めながら海外勢は値下げを考えていくでしょう。